ベネフィークリセットクリアN使い方は?口コミや成分を紹介!石井美保も愛用!

『ベネフィークリセットクリアN』の使い方は?口コミや成分を紹介!石井美保も愛用! 美容・健康

『ベネフィークリセットクリアN』は、ふき取り化粧水という位置づけで資生堂から出ている基礎化粧品です。

スキンケアを丁寧にしていても、肌表面には老廃物が残ってしまっています。

洗顔後に放置している時間が長ければ長いほど、乾燥してきたり、体が乾燥から自発的に守ろうと油分が出てきたりして、汚れが残ったりするということです。

洗顔で洗いきれなかった汚れももちろんあります。

その老廃物は、不要となっている皮脂や角層です。

なので、ベネフィークリセットクリアNの使い方としては、その老廃物を除去する役割です。

ふき取り化粧水で、この老廃物を除去しないとスキンケア用品の浸透を妨げ、透明感をくもらせてしまいます。

つまり、ふき取り化粧水で毛穴や肌表面の汚れをしっかり取り除いてから、スキンケアをすることで、毛穴詰まりや肌トラブルを予防でき、効果的なスキンケアができます。

そのためにやさしく取り除く働きをしてくれます。

そうすることで、潤いを肌の奥までしっかり届け、透き通りのある美しい肌を導き出します。

ベネフィークリセットクリアNの詳しい使い方は、これから紹介しますね。

香りはハーバル・フローラルなさわやかで清潔感があります。

また、どんな成分が入っていて効果を発揮しているのか、使用した人の感想をはじめとした口コミがどんなものがあるのか、美容家の石井美保さんも愛用されているということなども紹介していきたいと思います。

『ベネフィークリセットクリアN』の使い方は?

ベネフィークリセットクリアNの使い方を紹介します。

ベネフィークリセットクリアNは、ふき取り化粧水として使います。

朝と夜の1日2回、使っていただくことが理想です。

夜であれば化粧をクレンジングで落とし、洗顔料で洗顔したのち(お風呂から出たら)化粧水の前に使います。

プッシュ形式になっているので、コットンに3プッシュします。

液性がさらさらしているわけではないので、コットンにのせるようにして、軽くなじませます。

この時、なるべくコットンに吸わせすぎないことがポイントかと思います!

まず、ふき取り化粧水としてふき取るための“不要になった、落としきれない”肌表面の汚れを、浮き上がらせていきます。

コットンを顔表面に滑らせ、『ベネフィークリセットクリアN』をのせていきます。

人差し指は力が入りやすいので使わないようにして、頬からコットンを滑らせて、肌表面に伸ばします。

鼻筋は眉間から鼻の頭に沿って、頬や額やあご周りは中心から外に向かっていくようにコットンを滑らせてください。

次に浮き上がらせた汚れを“ふき取って”いきます。

“ふき取り”化粧水とは言いますが、肌はとても繊細なので、 “こするのではなく”浮き上がらせたものをふき取ることを心掛けるとよいと思いますよ!!

ふき取り化粧水をはじめに塗布したところを、同じコットンで肌表面をくるくると円を描きながら滑らせやさしくふきからめとっていきます。

人によって、ざらつきが気になる加商は変わると思います。

どこの箇所でも、“ざらつくから、イコール汚れがたまっている、しっかり”ではなく、より丁寧に行いましょう。肌表面は繊細でナイーブです!

『ベネフィークリセットクリアN』はとろみが強いからこそ、肌への摩擦による負担をそれ自身で軽減してくれています。

この時に使うコットンも実はとても大切です!

それは、ふき取り化粧水を使う過程で欠かせないからです。

ここで、おすすめのコットンも紹介しておきますね。

ベネフィークダブルフェイスコットンNです。1枚で2つの表面を持ち合わせています。

肌表面に残ってしまった汚れを浮き上がらせるために、肌へ『ベネフィークリセットクリアN』を塗布したり、そのあとの工程で使うケア用品を肌になじませたりしていくことに優れた側面と、ふき取り化粧水で浮き上がらせた汚れをふき取っていく過程に優れた表面があります。

こちら側の面は、メッシュ状になっているので絶対に強くこすらず、やさしくふき取ってください。

資生堂さんのコットンはいい評判を聞くことが多いですね。ほかにも、シャネルやshu uemuraのコットンも評判が良いといわれています。

『ベネフィークリセットクリアN』を使った方の口コミを紹介!

それではベネフィークリセットクリアNを使った方の口コミを紹介します。

・小鼻やあご周りのざらつきが気になって購入し、
 肌触りが気持ちよくなりました

 香りもすっきりしていて気持ちがよいです

・ポンプ式になったことで
 適量を出すことができるようになって助かります

・日々使用していると、気づけば透明感のある明るい肌になり、
 フェイスラインや肌のきめが引き締まり整ってきて驚いています

・化粧水や乳液の入りが良くなり、水分をため込める肌になってきたように感じます。

・3日間のサンプルで効果を実感!

・1度使用すると、使用しなかったときとで、
 化粧水や乳液の肌への入りが断然に違います

 肌が薄くても、刺激を感じずに満足して使えています
(個人の感想です)

・テクスチャーがトロっとしていて、
 ベネフィークダブルフェイスコットンNと一緒に使うと、
 より汚れを落としきれている実感があります

悩みを解決できていたり、肌状態がよりよくなったというコメントがとても多いですね。

ただ、お肌に使うものなので、相性の個人差はあると思います。

ご自身で、パッチテストやトライアルを使うなどで相性を確認してみてください。

ベネフィークリセットクリアN成分は?

ベネフィークリセットクリアN成分を紹介します。

『ベネフィークリセットクリアN』は、浄化をし、めぐりをよくすることで肌は透き通りのある明るさを持ち、肌本来の美しさが発揮されると考えられています。

その考えの基、ケイヒエキスやトウキエキス、ジオウエキスのボタニカル成分や保湿成分のグリセリンを含んでいます。

この成分の配合には、東洋の知恵や植物の力が生かされています。

これらは、肌本来の美しさを引き出すとされています。

ケイヒエキスは、クスノキ科の高木ケイの樹皮から抽出されるエキスで、解熱や鎮痛作用などの作用があるとされています。

トウキエキスは、トウキはセリ科の根を乾燥させたもので、冷え性や貧血などにもちられており、体の循環を良くさせるために重宝されています。

ジオウエキスは、中国産のゴマノハグサ科の多年草から抽出したエキスで、血を補い滋養する作用やがあることが知られています。

どれも、体内循環を促進させたり、肌トラブルが起きているとき(炎症がおきているとき)の鎮静させたりする作用が含まれていますね。

美容家の石井美保さんも愛用!

 

石井美保さんが、『ベネフィークリセットクリアN』を溺愛コスメとしてピックアップしてくれました。

肌に負担をかけずに、スキントラブルとなる原因となるものをふき取ってくれ、その後の肌はつるりとした仕上がりになるとして、愛用してくれているようです。

寝起きの肌も毛穴が目立たずふんわりとした肌感という感想をおっしゃってくださっているようです。

そんな、美容のプロの石井美保さんは、スキントラブルを抱えると、クリームなどのスペシャルケアを重視しがちになっていないかと指摘していました。

しかし、肌表面を浄化(洗顔)した後は、良いもの(化粧水や乳液などのスキンケア)が入るようにすることが大切とおっしゃっています。

つまり、そのためには、洗顔後に改めて肌を浄化することが大切ということですね。

余分なものを取り除いて、肌に化粧水などが入る準備をするということのようです。

肌は、多くの疲れやストレスにさらされています。それでいて、肌も休息するための睡眠時間も減少しています。

これらのことは、肌を酸化(老化)させていく元の物質が増加するそうです。

そうすると、つまり酸化(肌の老化)が進み、肌の透明感や水分保持力が低下してしまいます。そして、不要な角質や皮脂が発生、増加します。

その仕組みが、肌のくすみや乾燥、しわやシミ、化粧水等の浸透力の低下を促してしまうのです。

このような状態で、高価なスキンケアをしても効果を発揮してくれません。

だからこそ、石井さんがおっしゃっていた肌表面を一度リセットして、改めて浄化することが大切だということがわかりますね。

最後に!

『ベネフィークリセットクリアN』の使い方や口コミ、成分、美容家の石井美保さんも愛用していることを紹介してきました。

いかがでしたか?

『ベネフィークリセットクリアN』のふき取り化粧水は、<ひたして・うかせて・からめとる>をうたっています。

実際、乾燥やくすみ、毛穴詰まりや広がりが気になっている方をはじめ、口コミからは悩みや気になっていることが解決されていったり、肌の変化を感じていったりしている方が多いようですね。

使い方からも、肌の負担を減らし、やさしく清潔にしていこうとしていることが伝わってきます。

加えて、レフィルもあり、本体を持っている方にはコスパ良く、使用を続けられますね!

これから初めて購入される方にとっても、おすすめのポイントではないでしょうか。

スキンケアをはじめ、ケアは悩みが出てきてから始めるよりも、自分の肌や置かれた状況を把握して、少しでも早めから先手を打っておけるとより効果的です。

もし、悩みや何を気を付けたらいいかわからない、という方は、例えば今の季節(夏が終わりを迎えるころ)であれば、どんなにケアしてきていたとしても、肌は夏の強い紫外線や、冷房による乾燥、汗をかくことや、重ねて日焼け止めや化粧品をのせていることで疲れてしまっています。

なので、疲れをしっかりとってあげることや、季節の変わり目で、肌も驚いてしまっています。変化に対応できるような肌作りをしてあげることが大切です。

そのためにも、肌表面をしっかりきれいにして、肌への化粧水や乳液の入りをよくして、万全な肌作りをしてあげるとよいのではないでしょうか(o^^o)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました