極潤と白潤の違いは?どっちが人気?口コミを紹介!それぞれの成分と値段を紹介!

スポンサーリンク
極潤と白潤の違いは?どっちが人気?口コミを紹介!それぞれの成分と値段を紹介! 美容・健康
スポンサーリンク

ほとんどの女性が毎日おこなうスキンケア。スキンケアに求める効果は人それぞれだと思いますが、やはり保湿・美白などの効果を求める方が多いのではないでしょうか。

ロート製薬から発売されている肌ラボシリーズの「極潤」と「白潤」

たくさんあるスキンケア商品の中でも、プチプラでドラックストアでも手軽に買えるということで、愛用者が多いスキンケアシリーズです。

今回は、極潤と白潤の違い、どっちが人気?それぞれの成分や値段をリサーチしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

極潤と白潤の違いは?

人気の極潤と白潤、使ってみたいけどどう違うの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

極潤は保湿にこだわったシリーズ白潤はメラニンの生成を抑え、シミそばかすを予防してくれるシリーズとなります。

肌ラボの商品は「ヒアルロン酸」にこだわって開発された商品で、どのシリーズもしっとりモチモチした肌に導いてくれますよ。

商品のラインナップは以下の通りです。

《極潤シリーズ》

日本酒を作る乳酸菌によって発酵させた「乳酸発酵ヒアルロン酸」を含む、4種のヒアルロン酸が配合されているシリーズ

・極潤 ヒアルロン液

・極潤ヒアルロン液 ライトタイプ

・極潤 ヒアルロン乳液

・極潤ヒアルロンクリーム

《極潤プレミアムシリーズ》

7種類のヒアルロン酸を美容液レベルに配合し、肌の潤いを追求したシリーズ

・極潤 プレミアムヒアルロン液

・極潤 プレミアムヒアルロン乳液

・極潤 プレミアムヒアルロンクリーム

《極潤エイジングケアシリーズ》

有効成分・3種のヒアルロン酸・うるおい成分が配合されており、年齢に応じた潤いケアが叶うシリーズ。※医薬部外品

・極潤 薬用ハリ化粧水

・極潤 薬用ハリ乳液

・極潤 薬用ハリクリーム

《極潤トラブルケアシリーズ》

様々な原因の肌荒れを防いでくれる拭き取りタイプの化粧水 ※医薬部外品

・薬用極潤スキンコンディショナー

《白潤シリーズ》

美白有効成分・うるおい成分・整肌保湿成分が配合されており、メラニンの生成を抑えシミやそばかすの発生を防ぎながら、潤ってモチモチの肌に導いてくれるシリーズ ※医薬部外品

・白潤 薬用美白化粧水

・白潤 薬用美白化粧水 しっとりタイプ

・白潤 薬用美白乳液

・白潤 薬用美白クリーム

《白潤プレミアムシリーズ》

美白有効成分の他に、抗炎症成分も配合されており、メラニンの生成を抑えシミやそばかすの発生を防ぎながら、肌荒れやニキビも同時に防いでくれるシリーズ ※医薬部外品

・白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水

・白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水しっとりタイプ

・白潤プレミアム 薬用浸透美白乳液

・白潤プレミアム 薬用浸透美白クリーム

保湿や紫外線によるシミそばかす、年齢に応じたケア、大半の女性がもっているであろう肌悩みをケアできるラインナップですよね。

ご自身の肌悩みに照らし合わせて、購入してみてはいかがでしょうか(^^)

極潤と白潤はどっちが人気?口コミを紹介!

さて、極潤と白潤には肌悩みに合わせて選べるたくさんのラインナップがあることがわかりましたね。

極潤と白潤はどっちが人気なのでしょうか・・・?

保湿を求める方は極潤、美白を予防したい方は白潤が人気ですね!

季節によって使い分ける方も多いですよ。

では、実際に愛用されている方達の口コミはどうでしょうか。

<愛用者の口コミ>

~極潤シリーズ~

・とろとろしていて、保湿力があり使うとお肌がモチモチになります。お値段もお手頃ですし、冬場にもおすすめです。

・独特のとろみのおかげで、摩擦もなく肌表面に伸ばしやすい。

・いつも白潤を使用していますが、それよりもさらにとろみのある液でしっとりしました。夏場なら化粧水だけで十分かも?と思う保湿力です。

~極潤プレミアムシリーズ~

・かなりとろみのあるテクスチャーだったのでべたつくかと思いましたが、塗った後は肌になじんでサラっとします。保湿されるのにべたつかないので使いやすいです!

・乾燥も気にならず、夜使って朝起きてもしっとり・モチモチが続いています。プチプラなのにかなり良い商品です。

・保湿力が今まで使ってきた化粧水の中で断トツ!きっとこれからもこれ以上の物は無いのでは?というレベルでモチモチになります。

~極潤薬用ハリ化粧水~

・プチプラなのに贅沢な成分ということで話題だったので購入してみました。乾燥肌の私はしっかりと保湿されている感じがあって良いです。このシリーズを使い始めてから肌を褒められることも増えた気がします!

・美容液のようなとろみのあるテクスチャー。浸透に時間がかかるけど、夏の疲れた肌にピッタリでした。

・プチプラエイジングケアなら絶対これ!刺激もなく優しい使用感で敏感肌でも使えました。一日中乾燥しませんでしたよ

~薬用 極潤スキンコンディショナー~

・サッパリしていて夏に良いです。ニキビもできにくい。

・生理前にいつも肌荒れしてしまうのですが、こちらを使うと肌荒れしないのでお気に入りです。

・慢性的な肌の赤みに悩まされていましたが、こちらを使うと肌の赤みが目立たなくなるので買ってよかったです。

~白潤シリーズ~

・少しとろみのあるテクスチャーで、肌になじむとバランスよく潤ってキメ毛穴が整う感じがします。乳液とセットで使い続けていますが、くすみにくくなってきました。

・何度もリピートしています。肌荒れも防止してくれるし潤います。安いので気兼ねなく重ね付けできるのも◎です!

・肌の赤みが減って、肌に透明感が出た気がします。

~白潤プレミアムシリーズ~

・こちらも使用し始めてから、今までで一番肌の状態がいいです。肌トラブルも減りました。コスパも最高なのでリピートしています。

・肌の赤みやムラが目立たなくなり、クリアな肌になれました。

・しっとりモチっと潤います。太陽を浴びすぎた日はバシャバシャ使っていたのになかなか無くならないので、コスパも良いと思います。

ヒアルロン酸にこだわった商品ということもあり、やはり「しっとりモチモチする」という口コミが目立ちました。

白潤シリーズの方では、くすみや透明感についての口コミも多くみられました。シミそばかすの増加速度は、35歳を超えると急激にスピードアップするそうですよ。紫外線ダメージをケアするために早めの予防が大切ですね!

極潤と白潤のそれぞれの成分と値段を紹介!

ここまで読んで頂いて、実際に使ってみたいと思われた方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのはやはり値段と配合されている成分ですよね!

公式HPではオープン価格と記載されていましたので、今回はLOHACOでの販売価格を参考に見ていこうと思います。

極潤シリーズ

《主成分》4種類のヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、乳酸球菌/ヒアルロン酸発酵液、ヒアルロン酸Na-2)

商品名 価格
極潤 ヒアルロン液 ボトルタイプ 170ml 768円

詰め替えタイプ 170ml 698円

ポンプタイプ 400ml 1,380円

極潤ヒアルロン液 ライトタイプ ボトルタイプ 170ml 768円

詰め替えタイプ 170ml 718円

極潤 ヒアルロン乳液 ボトルタイプ 140ml 768円

詰め替えタイプ 140ml 680円

極潤ヒアルロンクリーム  50g 1,180円

極潤プレミアムシリーズ

《主成分》7種類のヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピリトリモニウム、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、乳酸球菌/ヒアルロン酸発酵液、加水分解ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na)

商品名 価格
極潤 プレミアムヒアルロン液 ボトルタイプ 170ml 990円

詰め替えタイプ 170ml 880円

極潤 プレミアムヒアルロン乳液 ボトルタイプ 140ml 990円

詰め替えタイプ 140ml 880円

極潤 プレミアムヒアルロンクリーム 50g 1,518円

極潤エイジングエアシリーズ

《主成分》有効成分ナイアシンアミド、うるおい成分(ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸Na、アセチルグルコサミン)

商品名 価格
極潤 薬用ハリ化粧水 ボトルタイプ 170ml 1,100円

詰め替えタイプ 170ml 990円

極潤 薬用ハリ乳液 ボトルタイプ 140ml 1,100円

詰め替えタイプ 140ml 990円

極潤 薬用ハリクリーム 50g 1,650円

極潤トラブルケアシリーズ

《主成分》抗炎症成分(グリチルリチン酸、イプロン‐アミノカプロン酸)、うるおい成分(ヨクイニンエキス、ドクダミエキス、カミツレエキス、ヒアルロン酸Na‐2、スクワラン)

商品名 価格
薬用極潤スキンコンディショナー ボトルタイプ 170ml 915円

詰め替えタイプ 170ml 793円

白潤シリーズ

《主成分》美白有効成分(トラネキサム酸)、整肌保湿成分(ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス、ハトムギ発酵液)、うるおい成分(加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2)

商品名 価格
白潤 薬用美白化粧水 ボトルタイプ 170ml 768円

詰め替えタイプ 170ml 693円

白潤 薬用美白化粧水 しっとりタイプ ボトルタイプ 170ml 768円

詰め替えタイプ 170ml 693円

白潤 薬用美白乳液 ボトルタイプ 140ml 768円

詰め替えタイプ 140ml 693円

白潤 薬用美白クリーム 50g 1,220円

白潤プレミアムシリーズ

《主成分》美白有効成分(トラネキサム酸)、抗炎症成分(グリチルリチン酸2K)、整肌保湿成分(ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE)、うるおい成分(加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2)

商品名 価格
白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水 ボトルタイプ 170ml 990円

詰め替えタイプ 170ml 880円

白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水しっとりタイプ ボトルタイプ 170ml 990円

詰め替えタイプ 170ml 880円

白潤プレミアム 薬用浸透美白乳液 ボトルタイプ 140ml 990円

詰め替えタイプ 140ml 880円

白潤プレミアム 薬用浸透美白乳液 50g 1,518円

デパコスに、負けず劣らずの贅沢な成分が配合されていながら、手が出しやすい価格ですよね!

さらにパッケージも、植物由来の原料を一部用いたボトルを使用しており、地球環境にも配慮されています。

まとめ

今回は、極潤と白潤の違い・どっちが人気?・それぞれの成分や値段についてご紹介しました。

極潤は保湿、白潤はメラニンの生成を抑えてシミそばかすを予防してくれるという違いがありました。プチプラでありながら、贅沢な成分がたっぷり配合されていて、愛用者が多いのも納得ですね!

皆さんは「極潤」と「白潤」どちらが気になりましたか?

これからの季節の乾燥対策に、ヒアルロン酸にこだわって開発された肌ラボシリーズの「極潤」と「白潤」

是非、試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました