マック【ボロネーゼグラコロ】中身とカロリーや糖質は?美味しい温め方と口コミも紹介!

スポンサーリンク
マック【ボロネーゼグラコロ】の中身とカロリーや糖質は?美味しい温め方と口コミも紹介! グルメ
スポンサーリンク

2021年12月1日(水)からマック【ボロネーゼグラコロ】が期間限定で発売されました。

今回ご紹介するのは、2021年初登場となった新作「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」です。

その他には毎年恒例となり多くの方から人気のある「グラコロ」も発売されています。

この時期は毎年グラコロが口コミでも大人気ですね!!

私も個人的に、この時期になるとグラコロが食べたくなります。

マック【ボロネーゼグラコロ】の中身やカロリー・糖質は、例年のグラコロとはどう違うのでしょうか。

マックのバーガーはテイクアウトすることも多いと思いますが、時間が経つと冷めてしまいます。

後で食べるとなると、マックで食べる時の美味しさは半減してしまいますね…。

家でも美味しく食べるのには温め方がポイントになると思います。

この記事ではマック【ボロネーゼグラコロ】の中身とカロリー・糖質について、そして美味しい温め方と口コミも紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マック【ボロネーゼグラコロ】中身は?

マック【ボロネーゼグラコロ】の中身は、『グラタンコロッケ』と『ボロネーゼソース』を合わせています。

『グラタンコロッケ』はクリーミーなホワイトソースに海老とマカロニを加えてあり、食感はサクサクとしていて中はとろとろです。

『ボロネーゼソース』はジューシーで旨味たっぷりの粗びきアンガスビーフに完熟トマト、隠し味には赤ワインを加えてじっくりと煮込んであります。

このボロネーゼソースに深みが加わって相性抜群のグラコロになっています。

マック【ボロネーゼグラコロ】カロリーと糖質は?

マック【ボロネーゼグラコロ】1個(181g)あたりのカロリーと糖質は、下記の通りです。

  • カロリー   437kcal
  • 糖質     44.5g(※炭水化物47.2g-食物繊維2.7g)

マック【ボロネーゼグラコロ】の美味しい温め方は?

マック【ボロネーゼグラコロ】をイートインすると美味しく食べられるのですが、テイクアウトで持ち帰った時は冷めてしまうのでちょっと残念な味になってしまいますよね。

温め方はとても需要です!!

そこで美味しく食べられる温め方を紹介したいと思います。

 

電子レンジでの温め方にてお話しさせていただきます。通常のワット数(メーカーによるかと思いますが、500〜600ワットが通常かと思っております)のまま温めてしまうと、ややパサパサ感が残ってしまうかと思われますし、とくに今回のグラコロ、ボロネーゼソースが飛び散ったりカピカピになってしまうことも考えられます。そのため、低いワット数で通常よりも長めの時間設定でじっくりと温め直すと良いかと思います。我が家の電子レンジでは200、450の2種類が低めとして設定できますが、450ワットで1分ほど温めた上、さらに200ワットで2分加熱を、時々手で確認しながら必要に応じて前後させて温め直して食べたのものが美味しかったです。

 

電子レンジよりもトースター派です!トースターで焼いた方がパンが少しサクッとして、私はオススメです。中身のボロネーゼソースもグラコロも熱々になり、ハフハフしながら食べると至福の一時を味わえます。寒い冬ならでは、の味です。また、家で食べる時はとろけるスライスチーズをあるだけ(!!)追加するのもオススメです。さらに濃厚になり、禁断の悪魔的味になります。カロリーは美味しいものを食べるときは忘れましょう。あまり焼き過ぎると上に乗せてあるバンズが焦げてしまいますので、アルミホイルをかぶせて焼いています。5分から7分くらいでしょうか。その際は付け合わせのマックポテトも一緒に焼いてます。シナシナになってしまったポテトも復活しますよ。

本商品は店頭で持ち帰り、家で食べようとすると中には少し、しなっとしているという印象を受ける方もいるかもしれません。そんな方にはオーブンレンジをお勧めいたします。オーブンであれば水分を飛ばしつつ、温めてくれますので店頭で買った時のグラコロのカリッとした食感や味わいをお家でも楽しむことができます。ただ、ただオーブンレンジで温めるだけだと水分だけが抜けてバンズもパサついた印象を受ける方もいるかもしれません。そこで私がおすすめしたい食べ方はスチームオーブンレンジで適度な水分を与えつつ、温める方法です。そうすることで、バンズのパサつきを軽減でき、グラコロもカリッとジューシーなまま、店頭を再現した味わいになると思います。

皆さん電子レンジ、トースター、スチームオーブンレンジとそれぞれの美味しく食べる温め方を紹介していますね。

テイクアウトで家で食べるパターンはとても多いと思います。

マック【ボロネーゼグラコロ】を家でも美味しく食べるための温め方をぜひ参考にしてみてくださいね!!

マック【ボロネーゼグラコロ】の口コミを紹介

マック【ボロネーゼグラコロ】はもうすでにたくさんの方が食べていて話題となっています。

定番のグラコロと比べてマック【ボロネーゼグラコロ】はどうなのか口コミを紹介しますね。

 

ボロネーゼ以外の内容は通常のグラコロと同じです。今回同時にコク旨アンガスビーフボロネーゼと通常のグラコロを食べましたが、違うバーガーと思えるほどボロネーゼの味が濃くとても良く主張されていました。まずボロネーゼ自体マクドナルドではあまり出会ったことがなく、とても新鮮な気持ちで食べることができました。ボロネーゼについては、チープなイメージのマクドナルドとは思えないほどしっかりしています。トマトとソースとスパイスの味が濃くそれぞれが際立ちつつ邪魔し合わなく一つのボロネーゼソースとなっていますし、具材もひき肉がちゃんと入っています。こちらのボロネーゼが本格的すぎて、期間限定のバーガーに挟むだけだとすごく勿体ないくらいにハマってしまいました。

 

普通のグラコロと違いボロネーゼが濃厚で、ファストフードというより、レストランで食べた様な満足度がありました。また、コロッケでもハンバーグでもない『グラコロ』であるところがポイント大です。グラタンのホワイトソースとボロネーゼソースが良い感じに口の中で混ざり合い、ありそうで無かったグルメになっていると思います。レギュラー化して欲しいぐらい好みですが、夏に食べるにはちょっと重いかな、とも思いますのでやはり冬にだけ食べられる限定商品という方がクリスマス感も相まってより良いのかもしれません。寒い時期に積極的に食べに行きたくなります。子供も好きな味つけでしたので、近いうちにまた食べに行こうと思います。書いていたらまた食べたくなりました。

 

まずは見た目のインパクトが凄かったです。グラコロの部分は大きく、厚みがありました。また、アンガスビーフのボロネーゼは食欲をそそります。実際に食べてみると、マクドナルドの定番となりつつあるグラコロの濃厚でクリーミーな味わいと新しいアンガスビーフボロネーゼの甘く、コクのある味わいが口の中に広がります
また、このグラコロにはやはりレタスではなく、キャベツが合います。マクドナルドのレタスは少し時間が経つとしなっとしてしまいますが、キャベツはその食感を長い時間楽しめるので本商品の良さを引き立たせていると思います。アンガスビーフボロネーゼ、グラコロ、キャベツこの3つのハーモニーを存分に楽しめる逸品だと思います。

実食!マック【ボロネーゼグラコロ】を食べた感想

私も毎年マックのグラコロは好きで必ず食べます。

今回は新作グラコロということでマック【ボロネーゼグラコロ】を発売当日に食べました。

『グラタンコロッケ』は食感がサクサクとしていて中はとろとろで、安定の美味しさでした。

『ボロネーゼソース』は旨味たっぷりのビーフに完熟トマトを赤ワインを加えてじっくりと煮込んであるというだけあり、深みのあるボロネーゼソースでした。

相性抜群のグラコロでした。

定番のグラコロも美味しいですが、マック【ボロネーゼグラコロ】はちょっと高級な味という感じでした。

とても美味しかったです(^^♪

マック【ボロネーゼグラコロ】はリピートありですね!

まとめ

マック【ボロネーゼグラコロ】の中身とカロリー、糖質について、そして美味しい温め方と口コミも紹介しましたがいかがでしたか?

マック【ボロネーゼグラコロ】はちょっとカロリーは437kcalと少し高めかもしれませんが満足感はあります。

テイクアウトで家で食べる時の美味しい温め方は電子レンジ派、トースター派、スチームオーブンレンジ派とそれぞれに美味しく食べられる温め方を紹介しました。

定番のグラコロにボロネーゼソースを加えたマック【ボロネーゼグラコロ】は発売当日から人気で、店舗によっては売り切れてた!と言う声もありました。

期間限定なのでいつ終了になるのかわかりません。

味わってみたい方は早めにマックに足を運んでみて下さいね!!

 

↓楽天に飛びます↓

 

 

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
最近気になること!

コメント

タイトルとURLをコピーしました