舞茸の冷凍はまずい?臭い?パックのままか洗うのか調査!保存期間や栄養についても!

スポンサーリンク
舞茸の冷凍はまずい?臭い?パックのままか洗うのか調査!保存期間や栄養についても! レシピ
スポンサーリンク

体にも良く、ダイエット食品としても優秀なキノコ類!

今回はそんな優秀なキノコ類の中でも、どの料理にも合って、手軽で食べやすい舞茸は、キノコの中でも、特にうまみ成分が多いキノコなんです。

舞茸好きの方も多いのではないでしょうか?

そんな人気のある舞茸ですが、美味しいという一方で、

「舞茸を冷凍するとまずい!」
「舞茸の冷凍は臭い!」

という声もあるようですね…。舞茸を冷凍すると、本当にまずくなったり臭くなったりするのでしょうか?

実は舞茸を冷凍すると不味くなったり臭くなったりする一番の原因…それは、水分なんです!

そのほかにも、「舞茸の正しい冷凍方法が知りたい!」

「舞茸の保存期間はどのくらい?」

「舞茸にはどんな栄養があるの?」

と気になっている皆さんの疑問にお答えしていこうと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

舞茸の冷凍はまずい?臭い?

舞茸を冷凍したことのある皆さんは

「なんだかまずいなぁ…」

「きのこ臭くて嫌な感じ…」

と思ったことはありませんか?実はそれ、冷凍保存の方法が間違っていたからなんです!!

 

舞茸は正しいやり方でしっかり保存すれば、冷凍しても十分美味しく食べられますので、舞茸に「まずい」や「臭い」というイメージをお持ちの方は今すぐその考えを捨ててください!

 

舞茸を冷凍すると不味くなったり臭くなったりする一番の原因…それは、水分なんです!

舞茸に水分が付着したまま冷凍してしまうと、傷むスピードが一気に速まってしまい、味が悪くなる原因になってしまうのだとか…。

 

その他にも、もともと鮮度が悪かったり、保管時にずっと空気に触れさせてしまっていたりするのも、舞茸の味をどんどん落としてしまう要因なんですよ…(´;ω;`)

 

買ってきたらすぐに正しい方法で保存するというのはもちろんですが、その前に一番大事なのは「新鮮な舞茸を選んで買うこと」ですよね。

 

新鮮で美味しく、長持ちする舞茸の選び方には、4つものポイントがあるんです!すべて押さえて状態の良い舞茸を賢くGETしましょう!

 

1つ目のポイントは、パッと見たときに、舞茸の表面に水滴がついていないもの。水滴が増えれば増えるほど古くなっていて、中から水分がどんどん抜けてきてしまっているものという事になります。先ほども言っていた通り、舞茸に水分はNGなんですね~!水滴がついてしまっている野菜のことを、よく「汗かいてる野菜は古い」なんて言ったりもしますよね!

 

2つ目のポイントは、上の茶色い部分(いわゆるカサの部分)がしっかりしていて厚みのあるもの。茶色が濃くて少しツヤっとしているものが理想的な新鮮具合ですね!パック詰めされて売られていることが多いと思うので、なかなか見づらい場合もあるかと思いますが、茶色の濃淡はパッと見て判断できるので分かりやすいポイントですよね!

 

3つ目のポイントは、パックの中で何個に分かれて入っているかを確認することです。小さい株が数個入っている方がなんだかいっぱい入っていてお得なように思えるし、使い勝手も良さそうに感じてしまいがちですが、実は一株にまとまっていて、大きいものが1つ入っているパックのものの方が、新鮮で状態の良い舞茸であることの方が多いんですよ!これは結構意外だったのではないでしょうか?

 

最後!4つ目のポイントは、下の軸の部分に変色などが無く、きれいな白色をしていて弾力のあるもの。黒っぽく色が変わってきていたり、しなしなしていたり、カスカスになってしまっているものは避けたほうが良いでしょう。上の方はしっかり茶色が濃く、逆に下の方はしっかり真っ白のものが新鮮なんですよ♪

 

舞茸を冷凍する時はパックのまま?洗う?洗わない?

 

舞茸の味が一気に悪くなる原因が、「水分」にあることが分かりましたね!そして正しい舞茸の選び方も覚えたところで、次はいよいよ肝心な保存方法についてです!

 

舞茸を買ってきて、一番最初にやってしまいがちなNG行動って、皆さんは何だと思いますか?几帳面でちゃんとした真面目な方がやってしまいがちなNG行動。それは、「舞茸を洗うこと」なんです!!

意外だった方も多いのではないでしょうか?

汚れをきれいに落として、長持ちして美味しく食べられるように…と丁寧に保存しようとしたつもりの行動が、逆に舞茸をまずくしていたなんて、ショックですよね…(´;ω;`)

 

ちなみにこれは舞茸に限った話ではなく、キノコ類全般が、洗わないで保存したほうが美味しく食べられるんですよ!びっくりですよね!!

 

保存する時は、パックのままだと水分がこもってしまい、どんどん水分が中から出てきて、舞茸の周りに水滴がついてしまい悪くなっていくので、パックから取り出して、洗わずに保存するのがよさそうですね!

 

冷蔵の場合は水気がつかないように、パックから出した舞茸をラップで包んでそのまま保存しましょう。

 

冷凍する場合は、舞茸の根っこの部分(石づき)を包丁でカットしてから手で割いて小分けにし、ジップロックなどに入れて空気をしっかり抜いて密閉して保存すると長持ちしますよ♪

小分けに割いておくことによって、使うときにもぱらぱらっと必要な分だけ取り出すことが出来てとっても便利ですよね!

舞茸の冷凍の保存期間や栄養について

冷蔵の場合は水分がこもらないようにラップに包んで保存するので、出来るだけ早く使ってあげた方が良いのですが、3~4日くらいは美味しく食べることが出来ますよ♪

 

冷凍の場合は保存期間がぐんと一気に伸びて、1か月ほどは美味しさそのままで保存ができるようになります!

 

保存期間が長いことや、手で割いてそのまま冷凍するだけなので、簡単だというところも冷凍保存の良いところなのですが、さらに冷凍保存にはメリットが山盛り!激押しポイント!は…“冷凍した舞茸はうまみ成分がUPする”ということ…!

 

生のそのままの舞茸を使って料理をした時よりも、冷凍した舞茸を使って料理した時の方が美味しい!というちゃんとした研究結果があるんだとか…!冷凍ってすごい!!!

 

冷凍すると、舞茸の中の細胞の壁が一旦壊され、それを加熱調理することによって、中のうまみ成分や香りがどんどん出てきて料理に溶け出すんです。これによって、より一層美味しく舞茸を味わえるようになります!!更に、舞茸はビタミンDという栄養素がきのこ類の中でもダントツで多く含まれており、ビタミンDは骨の健康を保つのに欠かせない栄養素なので、積極的に摂りたいですよね♪

まとめ

今回は、舞茸の冷凍はまずい?臭い?保存方法や期間、栄養についてなど、舞茸について詳しくお話してきました。

舞茸の冷凍は、正しいやり方で行えば長持ちするだけでなく、美味しさもぐんとUPするという事が分かりましたね♪

ビタミンDが豊富な舞茸は、油と一緒に食べると吸収率がさらに良くなるので、是非てんぷらや炒めものなどの油をつかう料理にして食べてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました