『こげとりぱっとビカ』はどこで買える?成分と口コミを紹介!実践!鍋の焦げが落ちてびっくり!!

スポンサーリンク
ピカピカ鍋 雑貨
スポンサーリンク

お弁当の揚げ物専用の鍋があるのですが、その鍋の焦げがひどくなってきて、重曹や煮沸やお酢などを使ったりしましたが中々綺麗に落ちません。

ホームセンターで売ってる磨き粉を何種類か使いましたが、落とすのに力が必要だし磨く時間もかかるんですよね。

まあ仕方ないか!と思っていましたが、色々探してやっと見つけたのが口コミで話題となっていた『こげとりぱっとビカ』です!

『こげとりぱっとビカ』を鍋の焦げに塗って、ラップをかけて3~6時間置き、キッチンペーパー等で軽く拭き取り、後は洗い流すだけです。

ゴシゴシ擦らないでいいんですよ!

放置する時間はかかりますが、これなら試してみたい!!と思い購入しました。

どこまで鍋の焦げが落ちるのか検証したいと思います。

ただ、あまりに落ちる商品は成分がどうなのか気になります。

ここでは【こげとりぱっとビカ】はどこで買えるのか、成分と口コミを紹介したいと思います。

そして実際に【こげとりぱっとビカ】を使ってみましたのでその様子も紹介していきます。

ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『こげとりぱっとビカ』はどこで買えるの?

【こげとりぱっとビカ】は楽天で売っています。

『こげとりぱっとビカ』はわずか2000円弱です。

10回以上使えると思います。

楽天はこちらからです

 

 

こげとりぱっとビカの成分を見てみましょう

『こげとりぱっとビカ』の液性はアルカリ性です。

成分は

界面活性剤(アルキルジフェニルエーテルジスルホン酸ナトリウム(陰イオン))

水酸化ナトリウム

アルコール系溶剤

増粘剤

金属腐食抑制剤

『こげとりぱっとビカ』が使えるもの

使えるものは鉄及びステンレス製品が使用可能です。
レンジ、オーブン、ダッジオーブン、フライヤー、ガステーブル、焼き網、焼肉用鉄板、

たこ焼き用鉄板、ピザ用鉄板、パン・ケーキ等の焼き型、五徳、鍋、やかん、タイル壁、

目地等に付着した焼き付き油汚れやベト付き油汚れ

 

『こげとりぱっとビカ』が使えないもの

使えないものはアルミ素材には使用できません
アルミ・銀・銅・真鍮・亜鉛・鈴・クロムメッキ等の金属製品

ホーロー鍋、鏡、漆器、塗装面、竹製品、木製品、天然石、繊維製品等の吸水性素材

 

こげとりぱっとビカを使ってみます

恥ずかしながらこんなにまで焦がした鍋です

鍋1

鍋2

こげとりぱっとビカを焦げに塗っていきます。

鍋3

ブラシがなかったので綿棒で塗りました。

ラップを巻いてピタッと抑えます。

鍋4

鍋6

念のため袋に入れました。

鍋7

 

この間わずか5分です。

このまま放置します。

そして3時間経ちました。

鍋8

鍋9

かなりきれいになりました!!

もう一度残ったところに『こげとりぱっとビカ』を塗り、1時間放置しました。

鍋10

鍋11

かなりの頑固な焦げだったので少し残ってしまいました。

残った焦げはカッターの切り口で丁寧に削りました。

こんなにピカピカになりびっくりです!!

鍋12

鍋12

見違えました♪とっても満足です!!

これからは小まめに焦げを取って行きたいと思いますが、いざというときにはこげとりぱっとビカは頼りになります(*^_^*)

『こげとりぱっとビカ』の口コミ

『こげとりぱっとビカ』の口コミを紹介します。

 

まとめ

【こげとりぱっとビカ】はどこで買えるのか、成分と口コミについて紹介しました。

そして実際に【こげとりぱっとビカ】を使った様子を紹介しました。

鍋の頑固な焦げには『こげとりぱっとビカ』が最強だと思いました。

口コミでも焦げが落ちると評価が高かったです。

塗る液体もトロッとジェル状なのでそんなに使いません。

ここまで焦げをほったらかしにするのは私だけかもしれませんが(笑)、鍋の焦げを落としたいと悩んでいる方はぜひお試しください!!

楽天はこちらからです

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました