お福餅と赤福の違いは?どっちが美味しい?どっちが先なのか歴史やカロリーを調査!

スポンサーリンク
お福餅と赤福はどっちが美味しい?どっちが先なのか歴史を調査!カロリーと原材料も グルメ
スポンサーリンク

三重県伊勢市のお土産には歴史が古く有名な「お福餅」と「赤福」があります。

とても人気のある和菓子です。

餅をあんこで包んだものを「あんころ餅」と言います。

パッケージも特徴がありますよね。

お福餅も赤福も消費期限がとても短い和菓子なので三重を訪れた時にしか買えません。

餅の柔らかさとあんことのバランスが美味しくて我が家はみんな大好きです(^^♪

とても似ているように思えるお福餅と赤福ですが、よく見ると違いがあります。

赤福の方があんこが滑らかで、お福餅の方があんこが粗く見えます

赤福は機械で作っていて、お福餅はひとつひとつ職人の手で作られているからなんです。

 

また、見た目だけでなく色味にも違いがあります。

お福餅は、手作りのためあんの形に多少のバラつきがあり、あんの色は少し褐色をしています。

食べてみるとあんの味がしっかりしていて小豆の味を深く感じます。

あんこは水分が多い印象で塩味が少し多いように感じました。

そこに加わるもっちりとした餅はとても柔らかく、噛んでいてとろけていくようです。

何処か優しい甘さで、赤福に比べるとあっさりしています。

 

赤福は、あんこが甘さ控えめでとても上品な印象でした。機械で作られているので形がきれいに揃っていて、お福餅より濃い小豆色をしています。

 

食べてみると、その見た目の通り舌触りがとても良いです。あんは濃厚で、お福餅に比べると豊かな甘みを感じます。餅はほどよい弾力があり、最後まであんと一緒に口の中に残っています。上品な甘さで優しい味わいとなっており、もちもちしたお餅の食感を最後まで楽しめました。

 

どちらもとても美味しくてこれまで三重を訪れた時は必ずどちらかをお土産に買って来ていますが、どちらかを選ぶとするならば私はお餅の柔らかさで「お福餅」の方が美味しいと感じました(^^♪

 

「お福餅」も「赤福」もあんころ餅だと言いましたが、あんころ餅には「圓八」や「とらや」など有名な和菓子があります。次いで人気なあんころ餅が「お福餅」と「赤福」なんですが、なかなか手に入りません(^^;)

 

三重を訪れなくても北海道の小豆を使ったあんころ餅を見つけました♪赤福やお福餅の味や食感が似ていてとっても美味しいんですよ♪

このあんころ餅なら通販ですぐに手に入れることが出来るのでおススメです!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お福餅と赤福はどっちが先なのか歴史を調査!

お福餅と赤福はどっちが先なのか歴史の違いを紹介します。

お福餅と赤福はどちらも、三重県伊勢市のお土産物として有名な和菓子です。

あんこでお餅を包んだあんころ餅を箱に並べている似たような見た目なので、とても見分けが付きにくいですね。

では、どちらが先にできたのでしょうか?

 

お福餅は、伊勢市二見町にある株式会社御福餅本家が創業以来製造販売しているあんころ餅です。

小橋長右衛門が江戸時代元文三年に伊勢国に開設した茶店にさかのぼることができ、以降お福餅は300年近く作られ続けています。

お福餅とよく似たあんころ餅の一種である赤福は、三重県伊勢市の和菓子屋赤福が創業以来変わらない形・製法で作り続けているこちらも伊勢を代表する銘菓です。

その歴史はお福餅よりさらに古く、赤福の創業1707年にまでさかのぼることができます。

つまり…

お福餅と赤福を比べてみると赤福の方が歴史が古いようです。

赤福は300年以上も前から製造・販売しているという生菓子で、一方お福餅の歴史は280年以上なので、赤福よりお福餅の方が新しいことになります。

お福餅と赤福はパッケージがよく似ていて間違えて購入してしまう人がいるほどですが、決して真似ではなく全くの別物なのだそうです。

かつてはパッケージの絵柄も擬宝珠のついた和橋の同じものが描かれていたようです。

 

こちらの北海道の小豆を使ったあんころ餅は、赤福やお福餅の味や食感が似ていてとっても美味しいんです♪

お福餅と赤福のカロリーと原材料の違いは?

お福餅と赤福のカロリーと原材料の違いを紹介します。

 

カロリー 原材料
お福餅 82.5kcal 砂糖 小豆 もち米 水あめ 酵素(大豆由来)
赤福 92kcal 砂糖 小豆 もち米

 

赤福よりもお福餅の方が1個あたりのカロリーは低いようですね!

 

 

まとめ

お福餅と赤福の違いについて、どっちが美味しいのか、どっちが先なのか歴史を紹介しました。

あんころ餅との違いについて、そしてカロリーと原材料も比較してみました。

お福餅も赤福も老舗ですが、赤福の方が歴史が古いようです。

お福餅は職人さんがひとつひとつ手作りし、そして赤福は機械で作っているそうです。

どちらも美味しいので自宅用にもお土産にもとても喜ばれています。

お福餅の消費期限は製造日を含め7日間ですが、赤福は夏期は製造日を含め2日間、冬期は製造日を含め3日間ととても短いです。

お土産にするときにはすぐに届けるようにしましょうね!!

 

赤福もお福餅も大好きな私ですが、北海道の小豆を使ったあんころ餅にも興味を惹かれました。赤福やお福餅の味や食感が似ていてとっても美味しいんです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました