アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

陸乃宝珠とひとつぶのマスカットはどっちが先?

陸乃宝珠とひとつぶのマスカットはどっちが先? グルメ

和菓子の世界には数々の名品がありますが、その中でも特に人気を誇るのが「陸乃宝珠」と「ひとつぶのマスカット」です。

この二つの菓子は、どちらもマスカットを使用し、その美味しさを最大限に引き出していますが、果たしてどちらが先に誕生したのでしょうか?

この記事では、各商品の誕生秘話や開発背景に迫り、さらに味や食感、人気の違いについても詳しく解説します。

伝統と革新が交差する和菓子の世界で、それぞれがどのようにして人々に愛される存在となったのか、その秘密を探ります。

陸乃宝珠の柔らかな求肥に包まれたジューシーなマスカットと、ひとつぶのマスカットのシンプルながらも高品質な果実菓子、あなたのお気に入りはどちらになるでしょうか?ぜひ最後までお楽しみください。

 

スポンサーリンク

「陸乃宝珠」と「ひとつぶのマスカット」はどっちが先?

マスカットを求肥で包んだ商品は「源吉兆庵の陸乃宝珠」の他にも「旬果瞬菓 共楽堂のひとつぶのマスカット」という銘菓があります。

どちらも岡山県産のマスカットオブアレキサンドリアを求肥で包んであります。

二大銘菓と言われていますが、どっちが先なのか調べてみました。

源吉兆庵は1946年に岡山県で菓子製造販売を開始し1977株式会社源吉兆庵を設立し、和菓子だけでなく洋菓子や日本料理オープンしました。

2013年に岡山に本店を移転し、源吉兆庵農園を作り、そしてマスカットオブアレキサンドリアを丸ごと使った和菓子を作ろうと出来たのが「陸乃宝珠」です。

旬果瞬菓 共楽堂は1933年に広島で創業し、現在の共楽堂は1961年にオープンしました。

ひとつぶのマスカット1979年に登場しました。

新鮮なマスカットを一粒ずつ求肥で包んでいますが、ひとつずつ手包みで作られています。

似ている銘菓なので陸乃宝珠とひとつぶのマスカットはどう違うの?と気になっている方も多いようですが、陸乃宝珠はあっさりした求肥に砂糖がまぶしてあり、「ひとつぶのマスカット」は求肥の周りに砂糖は散りばめられていません。

見た目は似ているかも知れませんが求肥の甘さも硬さも違うのでそれぞれの味わいがあります

【実食】源吉兆庵 陸乃宝珠の口コミを紹介!
源吉兆庵 陸乃宝珠(マスカット)は季節限定でギフトに大人気の和菓子です。実食した感想と口コミを紹介しています。まずいという声もちらほらありましたが、美味しいと言った声がダントツに多かったです。そして販売期間や賞味期限、値段についても紹介しています。
共楽堂 ひとつぶのマスカットの口コミ!日持ちや賞味期限、どこに売ってる?
共楽堂 ひとつぶのマスカットは、岡山県産のマスカット・オブ・アレキサンドリアを使用した高級和菓子です。新鮮なマスカットを求肥で包み、冷やして食べると特に美味しく、口コミでも高評価を得ています。「フルーツの新鮮さと求肥の柔らかさが絶妙」と称賛されています。

ではここからはそれぞれの特徴について紹介して行きます。

 

しゃりっとするお砂糖をまとった求肥の中からフルーティーなマスカットが溢れてきます♪
↓     ↓

楽天とYahoo!ショッピングではふるさと納税で購入出来ます♪
↓     ↓

 

陸乃宝珠の誕生秘話

陸乃宝珠の開発背景

「陸乃宝珠」は、日本の伝統的な和菓子であり、その独特な風味と食感が多くの人々に愛されています。

開発の背景には、創業当時からの伝統を守りつつも、新しい時代に適応した商品を提供したいという強い思いがありました。

特に、自然の素材を活かした菓子作りにこだわり、マスカットを使用することで、フルーティーな香りとさっぱりとした味わいを実現しました。

陸乃宝珠の名前の由来

「陸乃宝珠」という名前には、深い意味が込められています。

マスカットの美しい翡翠色の輝きから「陸にある果物から生まれた宝物」というイメージで名付けられた陸乃宝珠は、お砂糖をまとった姿がまるできらきらとした宝石のよう。
口に含むと、しゃりっとしたお砂糖と柔らかい求肥の中で皮がはじけてみずみずしい果汁があふれ出します。    (宗家 源吉兆庵公式サイトより出典)

古くからの伝統を守りながらも、新しい価値を創造するという理念が込められています。

陸乃宝珠の反響

「陸乃宝珠」は発売直後から、その独特の風味と美しい見た目が評判を呼び、多くのメディアでも取り上げられました。

特に、和菓子愛好者の間では高い評価を受け、その人気は今なお続いています。

 

ひとつぶのマスカットの誕生秘話

ひとつぶのマスカットの開発背景

「ひとつぶのマスカット」も、フルーツ菓子の中でも特に人気の高い商品です。

その開発背景には、果実の美味しさをそのまま楽しんでもらいたいという強い思いがありました。

特に、高品質なマスカットを厳選し、その風味を最大限に引き出すための製法が開発されました。

開発チームは、果実の鮮度を保ちながら、甘みと酸味のバランスが絶妙な一粒に仕上げるために、多くの試行錯誤を繰り返しました。

ひとつぶのマスカットの名前の由来

「ひとつぶのマスカット」という名前は、そのままの形で果実を楽しんでもらいたいというシンプルな思いから名付けられました。

ひと粒ひと粒に込められた丁寧な作業と、マスカットそのものの美味しさを伝えたいという意図が込められています。

ひとつぶのマスカットの反響

「ひとつぶのマスカット」が市場に登場した当初からそのユニークなコンセプトと高品質な味わいが話題を呼び、多くのメディアで取り上げられました。

特に、ギフト商品としての人気が高まり、贈答用としても多くの支持を受けています。

発売当初からの人気は今なお健在で、その品質の高さと独自のコンセプトが多くの人々に支持されています。

 

陸乃宝珠とひとつぶのマスカットの比較

では、陸乃宝珠とひとつぶのマスカットを比べて行きたいと思います。

味と食感の違い

陸乃宝珠は、柔らかな求肥でマスカットを包み込んだ和菓子で、外側のもちもちとした食感と、内側のジューシーなマスカットの組み合わせが特徴です。陸乃宝珠はその求肥に砂糖が散りばめられています。

マスカットの爽やかな甘さと求肥のほんのりとした甘み、そして散りばめられた砂糖の甘さとが絶妙なバランスを生み出しています。

一方、ひとつぶのマスカットは、シンプルに一粒のマスカットを求肥で包んだ菓子で、マスカットそのものの瑞々しさと、求肥のもっちりとした食感が楽しめます。

マスカットの風味がストレートに感じられ、果実本来の美味しさを最大限に引き出しています。

人気と評価の違い

陸乃宝珠は、その見た目の美しさと、伝統的な和菓子としての位置づけから、特に和菓子好きの人々に高く評価されています。

贈答品としても人気があり、季節限定のフレーバーも提供されることから、リピーターも多いです。

ひとつぶのマスカットは、シンプルながらも高品質な果実菓子として評価が高く、特に若い世代やフルーツ好きの人々に人気があります。

ギフトとしての需要も高く、洗練されたパッケージデザインも評価の一因となっています。

 

まとめ

「陸乃宝珠」と「ひとつぶのマスカット」は、和菓子とフルーツ菓子の代表格として多くの人々に愛されています。

2013年に岡山に本店を移転し、「源吉兆庵農園」を作り、そしてマスカットオブアレキサンドリアを丸ごと使った和菓子を作ろうと出来たのが「陸乃宝珠」です。

一方「旬果瞬菓 共楽堂」は1933年に広島で創業し、現在の共楽堂は1961年にオープンしました。

ひとつぶのマスカットは1979年に登場しました。

陸乃宝珠は柔らかな求肥で包まれたマスカットのジューシーさが特徴です。その名前には、大地の恵みを宝石のように大切にするという意味が込められています。

一方、ひとつぶのマスカットはシンプルながらも高品質な一粒のマスカットを糖衣で包んだ菓子です。その名前は、果実の美味しさをそのまま楽しんでもらいたいという意図を伝えています。

どちらもマスカットの風味を最大限に引き出すことに成功しており、各々の誕生秘話には深いこだわりが感じられます。

味と食感の違いはもちろん、人気や評価の点でも異なる魅力を持つこれらの菓子は、和菓子の伝統と果実菓子の新しさを象徴しています。

どちらもフレッシュなマスカットオブアレキサンドリアを求肥でひとつひとつ丁寧に包んである和菓子です。求肥のほんのり甘さとフレッシュなマスカットのジューシーさのバランスに感激すると思います♪