リンゴ酢と純リンゴ酢の違いは?ダイエットにはどっちがいいの?飲むタイミングやおすすめの飲み方は?

スポンサーリンク
リンゴ酢と純リンゴ酢の違いは?ダイエットにはどっちがいいの?飲むタイミングやおすすめの飲み方は? 美容・健康
スポンサーリンク

リンゴ酢と純リンゴ酢の違いは醸造方法です。

リンゴ酢は原料となる『リンゴ果汁』とアルコールを使用します。アルコールを加えることで短期間で大量のリンゴ酢を作ることができます。

それに対して純リンゴ酢は、原料の『リンゴ果汁』のみです。

純リンゴ酢はリンゴの果汁や果肉だけで醸造されており余計な成分は入っていないため、リンゴ酢より純リンゴ酢の方が値段が少し高めです。

 

リンゴ酢と純リンゴ酢の違いは醸造方法だけなので、美容や健康、ダイエットへの効果にさほど違いはありません

 

リンゴ酢も純リンゴ酢も1日大さじ1杯程度を飲むことで脂肪の合成を防いで燃焼を促進してくれる効果が期待できるのでリンゴ酢を飲むことで内臓脂肪が減ったという人もいます。リンゴ酢はダイエットへの効果は期待できるんです。

そしてダイエットを意識する方はリンゴ酢を割る時に糖質の低い飲み物で割ることをおすすめします。

 

こちらのリンゴ酢は青森県産りんご果汁・ハチミツ等でとっても飲みやすくなっています

 

リンゴだけで作られた純リンゴ酢は、よりまろやかな酸味とリンゴ本来の甘みと香りなのでそのまま飲んでもおいしいです!純リンゴ酢は食品添加物が気になる人やお子様が飲んでも安心なんです。こちらの純リンゴ酢は国産リンゴ果汁100%でクセのないさわやかな酸味の醸造酢です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンゴ酢と純リンゴ酢の効果について

リンゴ酢と純リンゴ酢はどちらも美容や健康、ダイエットへの効果にさほど違いはありません。

ここでは、リンゴ酢は美容や健康、ダイエットへの効果を紹介していきます。

リンゴ酢の効果

リンゴ酢の効果について紹介します。

血圧を下げてくれる

リンゴ酢を飲むことで血圧を下げる効果があるそうです。

リンゴ酢は料理の味付けに使うのもおすすめです。料理に使うことで塩や醤油の塩分が少なめでもおいしく仕上がります。

塩分の摂りすぎは高血圧につながりますので、リンゴ酢を使うことで高血圧の予防や減塩になります。

 

むくみ解消

リンゴ酢に含まれているカリウムは体内にある余分な塩分を出して水分代謝を活発にし、むくみ予防や解消に効果的です。

 

血糖値の上昇を抑える

食後にリンゴ酢を飲むことで、血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

脂肪減少

1日大さじ1杯程度のリンゴ酢を飲むことで、脂肪の合成を防いで燃焼を促進してくれる効果が期待できます。

実際にお酢を飲むことで内臓脂肪が減ったという人もいるようです。生活習慣病予防の為にもうまく取り入れていきたいですね。

 

便秘解消

リンゴ酢を飲むことで胃腸の働きがよくなります。

発酵調味料であるお酢は、加熱殺菌処理されて少なくなった成分量でも腸内環境の改善に役立ちます。

体から老廃物が排出されることで美肌効果も期待できます。

 

骨粗しょう症の予防

リンゴ酢に含まれている酢酸は、カルシウムの吸収を促進し排出を防ぐため骨粗しょう症の予防に役立ちます。

 

安眠効果

お酢に含まれている酢酸が胃の動きを弱めて消化を遅らせてくれ、糖の吸収をゆるやかにし血糖値の動きを抑えてくれますので、穏やかな睡眠になります。

 

純リンゴ酢は食品添加物が気になる人やお子様が飲んでも安心なんです。こちらの純リンゴ酢は国産リンゴ果汁100%でクセのないさわやかな酸味の醸造酢です

リンゴ酢を飲むタイミングやおすすめの飲み方は?

食後に飲むことで血糖値の上昇を抑えてくれます。

またリンゴ酢には食欲促進の効果がありますので、食前に飲むと逆に食欲が出て食べ過ぎてしまうことがあります。リンゴ酢ダイエットをするなら飲むタイミングは食後がいいです。

酢の風味が苦手な方は、水や炭酸水ではなく、牛乳や野菜ジュースで割るのがいいですよ。独特の風味が和らぎます!

リンゴ酢大さじ一杯に対して150ミリリットルで割るのがおすすめです。

お好みで調節してみてくださいね。

牛乳や野菜ジュースだけではなく紅茶やコーラ、りんごジュースなどでも美味しく飲めます。

ただしジュースなどはカロリーが高いこともあるのでダイエットにはカロリーの低い飲み物を選ぶといいでしょう。

ただし、飲み過ぎはよくないので気をつけてくださいね。

酢の主成分である酢酸は強い酸性の物質です。人の体内は中性に保たれているので酸性の強い食品は胃腸が荒れやすいので要注意です。

少量なら問題ありませんがダイエットにいいからと大量に飲んでしまうと胃腸が荒れてしまう原因になってしまうので気をつけましょう。

 

りんご酢は料理にも合いますので、飲むのに飽きてきたなと思ったら料理に使用してリンゴ酢を取り入れるといいですよ!

純リンゴ酢は食品添加物が気になる人やお子様が飲んでも安心なんです。こちらの純リンゴ酢は国産リンゴ果汁100%でクセのないさわやかな酸味の醸造酢です

おすすめの飲み方

リンゴ酢のさっぱりした風味が好きな人は、氷水やお湯で割って飲むことをおすすめします。

冬はあたたかいリンゴ酢で体があたたまり、夏は夏バテなど食欲がない時にりんごの風味とさっぱりした味わいで体も心もスッキリします。

牛乳で割ると酸味が抑えられて飲みやすいのでおすすめです。蜂蜜をいれてヨーグルト風にしても美味しいです。

また甘いのが飲みたい、甘いのが好みな方は、干しあんずをお湯で柔らかくなるまで戻しそこに蜂蜜とリンゴ酢を入れたら完成です。

体もとても温まりますし甘くて美味しいですよ。

リンゴ酢を使ったおすすめのレシピ

リンゴ酢をつかったおすすめのレシピを紹介します。

フルーティーでさっぱりしてとても美味しいのでぜひ作ってみてください!

玉ねぎと舞茸のマリネサラダ

材料

玉ねぎ、舞茸、オリーブ油、白だし、りんご酢、しょうゆ、ニンニク、黒胡椒
※分量はお好みで

作り方

  1. 玉ねぎを薄くスライスして広げて空気に15分ほど晒しておく
  2. 舞茸を食べやすい大きさにしてオリーブ油と白だしを加えて和えてレンジで2分くらい加熱する。
  3. お好みでニンニクなどを加える
  4. 2が熱いうちに玉ねぎを加えて和える
  5. 数分置いて味をなじませたら完成です。

純リンゴ酢は食品添加物が気になる人やお子様が飲んでも安心なんです。こちらの純リンゴ酢は国産リンゴ果汁100%でクセのないさわやかな酸味の醸造酢です

まとめ

リンゴ酢は美容と健康にとても良く、下記のような効果があります。

  • 料理に使うことで塩分が少なめになり血圧を下げる効果がある
  • むくみを解消するカリウムが入っている
  • 食後にリンゴ酢を飲むことで血糖値の上昇を抑えてくれる
  • 脂肪燃焼を促進してくれる効果が期待できる
  • 胃腸の働きが良くなり便秘解消も期待できる
  • カルシウムの吸収を促進し骨粗しょう症の予防になる
  • 安眠効果が期待できる

積極的に摂りたい飲み物ですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました