しもつかれ(栃木県の郷土料理)はまずい?美味しい?味を調査!材料と作り方を紹介!語源と歴史についても!

スポンサーリンク
しもつかれ(栃木県の郷土料理)はまずい?美味しい?味を調査!材料と作り方を紹介!語源と歴史についても! グルメ
スポンサーリンク

栃木県の郷土料理のひとつに「しもつかれ」という食べ物がありますが、見た目がやばい!と言う事で、味はまずいの?美味しいの?と言われています。

なぜそんな見た目がやばい「しもつかれ」が作られるようになったのでしょうか?

「しもつかれ」はどんな材料でどんな作り方をするのかとても気になりますね!

栄養満点の食べ物なので私はとても大好きです(^^♪

なぜまずいと言われるのかについて調査してみました。

この記事では

  • しもつかれ(栃木県の郷土料理)はまずいのか美味しいのか?
  • どんな味なのか
  • しもつかれの材料と作り方
  • しもつかれの語源と歴史

について紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しもつかれ(栃木県の郷土料理)はまずいの?美味しいの?どんな味?

しもつかれは栃木県の代表的な郷土料理のひとつなのになぜまずいと言われているのでしょうか!?

これにはまず見た目が気持ち悪い!と言う声が多かったです。

野菜と鮭の頭を煮ているのでぐちゃぐちゃな見た目で「まずい」のではないかと言うことです。

これは食べる前に断念してしまう方の声なのでしもつかれの美味しさにまだ気づいてないのでとても残念です。

そしてもうひとつは、鮭の頭を一緒に煮込むので生臭くて「まずい」という理由もありました。

確かに鮭の頭を煮るので生臭いです。

我が家ではその生臭さを取るためにはひと手間かけて、鮭の頭を焼いてから煮込みます。

焼くことによって生臭さが軽減され食べることが出来ます。

昔は正月に残った鮭の頭を利用して、野菜と煮て初午(はつうま)に神社にお供えをして健康を願っていました。

しもつかれは酒の頭に大根、人参、大豆、油揚げ、酒粕などを入れます。

とても栄養価が高い食べ物です。

家庭によって味付けも異なりますが、野菜と魚と酒粕の相性が良く、とても深い味わいのある料理だと思います。

私はしもつかれが大好きで、冷たくしてそのまま食べたり暖かいご飯の上にかけて食べたりします。

低カロリーで栄養満点なしもつかれをぜひ一度食べてみて欲しいと思います。

ではしもつかれ(栃木県の郷土料理)の材料と我が家の作り方を紹介します。

しもつかれの材料と作り方

材料 : 鮭の頭、大根、人参、油揚げ、大豆、酒粕

作り方:

  1. 大豆を一晩水につけておきます。
  2. 鮭の頭を少し小さめにしフライパンなどでしっかり焼きます。(ここで私は目が苦手なのでくりぬいてしまいます)
  3. 鮭の頭を圧力鍋にひたひたの水と一緒に入れ圧をかけてから30分程煮ます。
  4. 鬼おろしを使っておろした大根と人参、大豆、3の鮭の頭を鍋に入れてコトコトと4~5時間程煮込みます。
  5. 油揚げと酒粕を入れてさらに1時間煮ます。
  6. 味付けは鮭の頭の塩分で十分かとは思いますが、お好みで少し醤油を垂らして完成です。

昔は鮭の頭を煮るのに一日かかっていましたが、最近は圧力鍋で煮るので時短になります。

ぜひ作って自分流の味付けで食べてみてください!

市販のしもつかれでどんな味なのかお試しするのもアリですね!!

しもつかれの語源と歴史

しもつかれと言うネーミングの語源の言い伝えには諸説あります。

  • 「下野ばかり」がなまった説
  • 近江(滋賀県)で食べられていた「酢むつかり」→「すみつかり」→「しもつかれ」となった説
  • 味がしみてるから「しみつかれ」→「しもつかれ」となった説

しもつかれは江戸時代の天明の飢饉の頃に稲荷神社に商売繁盛、豊作を願って赤飯と共に供えるようになったのが始まりだと言われています。

正月の残りの鮭の頭と節分でまいた福豆の残りを使います。

そこに大根や人参等残り物の野菜を使います。

しもつかれに入れる鮭の頭は悪いものを追い払い、節分の豆も邪気を追い払うことから縁起物の食物でした。

家庭によって味付けが違うので、大量に作ったしもつかれを近所に配りました。

「7軒の家のしもつかれを食べると病気をしない」と言う言い伝えがあったそうです。

しもつかれは大根や人参をおろす時に鬼おろしを使います。

 

鬼おろしは、竹製のため素材に熱が伝わりづらく、さらに一般的な大根おろしよりも粗くおろされるので、野菜の余分な水分が出ず、しっかり食感を感じることができます。

「道の駅日光」では毎年2月に多くのしもつかれを味わえる「全日本しもつかれコンテスト」が開催されていて、色々な家庭の味を楽しむことが出来ます!!

しもつかれにカレーを加えて語呂合わせした「しもつカレー」をご当地グルメとして販売していたり、2017年11月13日から期間限定で、カルビーから「ポテトチップスしもつかれ味」が販売されました。

子どもが食べやすいようにアレンジしたしもつかれが学校給食のメニューになっている地域もあります。

最近では余った食材を大切に扱うしもつかれが「もったいない」文化に通じると言う事でも注目されています。

郷土の貴重な遺産として無形文化財登録をめざしています。

見た目はまずそうかもしれませんが江戸時代から食べ続けられているしもつかれの語源と歴史の深さを感じさせられました。

しもつかれは冷凍出来る?

しもつかれは冷凍出来ます。

たくさん作ってジップロックに小分けして冷凍しておいて食べる分だけ自然解凍で食べます。

味は変わらず美味しく食べられます(^^♪

まとめ

しもつかれ(栃木県の郷土料理)はまずいのか美味しいのか?味を調査しました。

材料と作り方や歴史についても紹介しました。

ヘルシーで栄養満点のしもつかれをぜひ食べてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました