資生堂ビューラー【213】と【214】の違いは?種類と使い方を紹介!どこで買える?

スポンサーリンク
資生堂ビューラー【213】と【214】の違いは?種類と使い方を紹介!どこで買える? 美容・健康
スポンサーリンク

くるんっと上がったまつげは目を魅力的に見せてくれますよね♪

そんな上向きまつげを作ってくれるお馴染みのアイテムビューラー

色んなメーカーから発売されていますが、資生堂のビューラーはいつもランキングに入ってくるほどの人気商品!

ということで今回は

・資生堂ビューラー【213】と【214】の違いは?

・資生堂ビューラーの種類と使い方、口コミを紹介!

・どこで買える?

といった点について紹介していきたいと思います。

初めて知る人も、買いたくて気になってたという人もぜひ参考にして下さいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

資生堂ビューラー【213】と【214】の違いは?

違いの前に少しこちらの商品について紹介させて下さい!

こちら正式には資生堂 アイラッシュカーラーと言います。

調べてみると1992年に発売されたとのことです!実は私も愛用しているのですがそんなに昔からあるなんて知らなかったです…。

何千人もの日本人女性のまぶたの形から開発されているそうですが、長い歴史があったんですね。

後ほどご紹介しますが資生堂からは何種類かのビューラーが発売されています。

そしてその中でも資生堂 アイラッシュカーラーが断トツで売れているようです!

それでは少しと言いながら長くなってしまいましたが…

そんな人気の資生堂ビューラー213と214の違いを見ていきます。

アイラッシュカーラー213とは「本体」で、214は「替えゴム(2つ)」のことです。

一応213の方にも1つ替えがついています。

まつげのあがりが悪くなってきたり、ゴムが切れた、裂けたなんてことになったら替えゴムを使いましょう♪

資生堂ビューラーの種類と使い方、口コミを紹介!

資生堂からは他にも

・SHISEIDO メーキャップアイラッシュカーラー

・マキアージュ エッジフリーアイラッシュカーラー

・資生堂 ミニアイラッシュカーラー215

この3種類のビューラーが販売されています。基本的にはどれも使い方は同じです。

①目線を下に向けて、親指と中指でアイラッシュカーラーを持ちます。

②上部のフレームの下側をまつ毛の生え際にぴったりあうようにあて、まつ毛が全ておさまっているか確認します。

③ゆっくり角度をつけながら3回ほど回数を分けてまつげの先端まで移動させましょう。

これで完成です。毛先に行くほど力を抜くと上手くいくようなので試してみて下さい♪

私は昔、ビューラーをする時は根本だけガッと挟んでたので直角まつげになっていました…。

美容部員だった知り合いに上の方法を教えてもらい試すと、綺麗にクルンとまつ毛ができました♪

ビューラーもコツが入るんだなーとその時学びました!

そしてミニアイラッシュカーラーですが、こちらは部分用のビューラーになります。

なので使い方は同じですが、目尻毛先など気になるところに使用して下さい!

では口コミもご紹介していきます。

「中学生時代に初めて買ったビューラーですが、30代になった今でも愛用しています。他社製品もいろいろ試しましたが、これを超えるものはなかなか…。」

「資生堂アイラッシュカーラー213はミニアイラッシュカーラー215と共に愛用中です。こちらでまつ毛を軽く1回上げておくと、その後の部分用ビューラーでの仕上げも楽になるため重宝しています。」

とやはり評判が良かったです♪2つ使いするというのも良さそうですね!

どこで買える?

資生堂アイラッシュカーラー213はマツキヨやココカラファインなどのドラッグストアや、ドンキなどのバラエティショップといったわりと近場のお店で買うことができます。

あとは資生堂の店舗オンラインショップでも購入できますよ。

値段は880円(税込)と中々のお手頃価格!!替えゴムの214も110円なのでコスパがいいですね♪

先程紹介した物の中の「SHISEIDO メーキャップアイラッシュカーラー」のみがドラッグストアでは取り扱いがないです。

なので資生堂の店舗に行くか、オンラインから購入してみて下さいね。

私も気になって先程資生堂公式オンラインショップを覗いてみましたが売り切れでした!やはり人気なんですね!!

そしてメーキャップアイラッシュカーラーとエッジフリーアイラッシュカーラーの値段ははどちらも1,100円です。

手に入りやすさと値段のお手頃さを見ても初めて買う人は資生堂アイラッシュカーラーがおすすめかもしれません♪

まとめ

ここまで、たくさんの人に長年愛され続けている資生堂ビューラーについてご紹介してきました。

資生堂から販売されているビューラーの中でも、断トツの売上の資生堂アイラッシュカーラー。

【213】はカーラー本体で、【214】は替えのゴムという違いだと分かりました。

他にも「メーキャップアイラッシュカーラー」「エッジフリーアイラッシュカーラー」「ミニアイラッシュカーラー215」の3種類が販売されています。

どれも口コミを見ていると評判が良かったです!基本使い方はどれも変わりませんが、ミニアイラッシュカーラーは部分用なので2つ使いすると更にぱっちりお目々に慣れそうです♪

資生堂アイラッシュカーラーはドラッグストアやバラエティショップなどの近場で購入することができます。

もちろん資生堂の店舗でも手に入りますし、忙しくてお店に行く余裕がない人はオンラインでも買えます!

値段も880円と手に取りやすい値段かなと思いますので、この記事を読んで気になったという方はぜひ店頭で見てみて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました