アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

わさびのり太郎が生産終了ってホントなの?売ってる場所はどこなのか徹底調査!

わさびのり太郎はどこに売ってる?生産終了ってホント?値段、カロリーや成分を調査! グルメ

皆さんは、駄菓子界の重鎮として名が高い、「焼肉さん太郎」「蒲焼さん太郎」、そしてその親戚にあたる「わさびのり太郎」を知っていますか?

子どもから大人まで、幅広い年齢層に人気のこれらの商品を皆さんも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

  → 蒲焼さん太郎が生産終了ってホント?どこで売ってる?カロリーやアレンジを紹介!

今回は、その中でも、ピリッと辛いわさび醤油味がやみつきになり、味が濃くて噛み応えもあることから、おやつやお酒のお供としても大活躍している「わさびのり太郎」について見ていきたいと思います♪

比較的低価格で購入できるため、「子ども時代によく駄菓子屋で買ったな~。」という思い出のある方や、お小遣いで簡単に買えたイメージのある方も多いかもしれません。

しかし、最近では「身近に売っているところがなくて、中々手に入らない!」や「生産終了したのではないか!?」という声もあり、「あの思い出の味をもう堪能できないのか…」と悲しむ声も聞かれています。

本当にそうだとしたら、何とも残念ですね。

私たちの思い出の味であるわさびのり太郎は、現在一体どうなっているのか。

今回は、わさびのり太郎の生産終了の噂の真偽や売っている場所について、皆さんにお伝えしていきたいと思います!

現在の値段やカロリー、含まれる成分についても解説していきますよ!最後にはわさびのり太郎に関する豆知識も一気にご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね♪

昔は近所の駄菓子屋やコンビニ、スーパーなどでも簡単に手に入ったわさびのり太郎ですが、本当に生産終了してしまうのでしょうか?

結論から言うと、生産終了・・・・・・

しません!!!!(今のところは)
(※2024年2月現在)

ネット上の記事やTikTokなどでは、生産終了という言葉を目にしますが、販売元の株式会社菓道さんから公式の発表は出ていないのが現状です。

ただ、店頭で目にすることが減り、昔に比べて簡単に購入することができなくなったのは本当のようです。お店によっては、販売終了としていたり、工場の生産が間に合っていないことから入荷できない状況になっていたりすることもあるようですね。

では、私たちは一体どこでわさびのり太郎を手に入れることができるのでしょうか?

直接購入できる場所には、

・駄菓子屋(おかしのまちおか、二木の菓子など)
・コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど)
・スーパー(カスミ、イオン、ヨーカドーなど)
・業務スーパー
・ドラッグストア(ウェルシア、マツキヨ、スギ薬局など)
・ホームセンター(コーナン、カインズなど)
・ドン・キホーテ

などがあります。

もちろん、一部の店舗では取り扱っていないこともあるようなので、お菓子売り場をチェックしてみてくださいね。

また、通販での購入も可能です。

・楽天市場
・Amazon
Yahooショッピング
・井ノ口商店

 

などでも販売されています。

時期や入荷状況にもよるので、どのくらいで手元に届くかは購入場所によりますが販売されていますので手に入れることは可能ですよ!!

 

スポンサーリンク

わさびのり太郎の値段、カロリーや成分を調査!

ここからは、わさびのり太郎の値段カロリー成分について解説していきます!

値段について

まずは気になる値段ですが、1枚10~15円のことが多いです。昔は1枚10円の店がほとんどでしたが、増税や値上げ等、少しずつ値段が上がってきているようですね・・・。

 

様々なお菓子をプロデュースしている株式会社やおきんによると、1枚15円のメーカー小売価格となっています。

その他にも

・コンビニエンスストアでは、1枚約14円

・楽天市場では、30個入で471円なので、1枚約16円

・Amazonでは、30個入で695円(5%off時)なので、1枚約23円

・Yahooショッピングでは、30個入で388円なので、1枚約13円1枚5円という破格の値段の物もありましたが、1日1注文という条件付きでした!

・井ノ口商店では、60個入で972円なので、1枚約16円(卸売販売の場合、60個入が777円になるので、1枚約13円

1枚13円で購入できれば、安く感じますね!

ただ、送料は考慮していないので、その有無によって少し値段が変わってきます。

ここには挙げていませんが、ドン・キホーテでもまとめて安く買えるようです。タイミングを見て、安くまとめ買いしたいですね!

カロリーと成分について

まずは気になるカロリーですが、1枚あたり11kcalです。

ちくわ1本が35kcalなので、3枚食べてもちくわ1本分のカロリーにしかなりません!

何とも低カロリーですね!主原材料が魚肉のすり身ということも低カロリーに関係しているのではないでしょうか。

そして、成分についてです。

・たんぱく質…0.6g

・脂質…………0.05g

・炭水化物……1.9g

・食塩相当量…0.2g

アレルギーは小麦、いか、大豆です。

炭水化物が多く含まれているように感じますが、茶碗1杯のご飯で炭水化物は55.7gなので、約29枚食べないと茶碗1杯分にはなりません!

だからといって、塩分も多いので、食べ過ぎには気を付けましょうね♪

わさびのり太郎豆知識!

ここからはわさびのり太郎についての補足情報を並べていきます!へぇ~と思う話もあるので、是非軽く目を通してみて下さいね。

・賞味期限は150日と長期間!保存食としても役立ちそう!

・わさびのり太郎は味付けが濃いので、クラッカーやリッツの上に乗せて、トマトソースやバジルソース、チーズなどお好みのトッピングでいただくアレンジレシピも絶品!

・冷蔵庫や冷凍庫で冷やすなど、気温・湿度が低いとパリパリになり、レンジで温めるなど気温・湿度が高いとしなしなになるため、お好みに合わせて2つの食感が味わえます!

運がいいと1袋に2枚入っていることも!?!?

 

 

まとめ

今回はわさびのり太郎が買える場所値段生産終了の噂について、カロリー成分補足情報などを調査してきました。いかがでしたでしょうか?

コンビニやスーパー、通販など、私たちの身近な場所で手に入れることができますが、販売を終了している店舗もあり、昔に比べると入手が難しくなったように感じます。

値段も昔に比べて少し上がっているため、お得に購入できる場所、タイミングを見て、賢く入手しましょう!

1枚あたりのカロリーは11kcalと低く、たんぱく質や脂質、炭水化物などの成分が含まれていることがわかりましたね。

子供のころの懐かしい味ですが、大人になった今食べてみても、しっかり美味しいので、子どもから大人まで全世代に長年に渡り愛されるわさびのり太郎。生産終了にならず、いつまでも愛され続けて欲しいですね。